KAWS

KAWS日本初の大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」7/16から開催

KAWS日本初の大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」が森アーツセンターギャラリーで2021年7月16日(金)から10月11日(月)まで開催される

KAWSは1974年アメリカ生まれ。90年代初めにグラフィティアーティストとして頭角を現し、その後93年から96年までニューヨークの美術学校「School of Visual Arts」で学ぶ

バス停の看板に広告を描いた作品などを通じて知名度を上げ、90年代にはグラフィティアート界の一員となり、両目が「✕✕」になったキャラクターはいまや世界的に知られる存在

今や時代を象徴するアーティストとして、あらゆるアートジャンルの垣根を越えて活躍の場を広げるKAWS

ファッション分野においては、キム・ジョーンズが初めて手掛けたディオール(DIOR)のサマー 2019 メンズ コレクションでのコラボレーションを行い話題を呼んだ

さらに日本では、2019年夏、ユニクロ(UNIQLO)とのコラボレーション「UT」が大ヒットした

KAWSにとって日本初の大型展覧会で、タイトルは、2001年に渋谷パルコで開催された自身初の個展と同じく「KAWS TOKYO FIRST」と題した

20年の時を経た今、その創作と進化の軌跡をたどる“原点回帰”という想いを込めている

KAWSは本展に際し、「私は日本文化との強いつながりを感じてきた。それは創作活動における大きな動機とインスピレーションの源だ。この展覧会で20年に渡る数々の作品と、新作のペインティングとスカルプチャーを発表できることを楽しみにしている」とコメント

展覧会限定アイテムも販売され、ブランドコラボレーションをはじめ豪華ラインナップが揃うという。中には、目が×印の銘菓「ひよ子」なども登場

KAWS TOKYO FIRST
会期:2021年7月16日~10月11日
会場:森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階
住所:東京都港区六本木6-10-1

特設HP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA